1-2=-1 「1つ買ったら2つ捨てる」

「1つ買ったら2つ処分する」を記録しています。断捨離&シンプルライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離×モノトーン=センス無し自己承認

20160505202123e80.jpeg
宮沢賢治童話村・ファンタジックホール。
去年行った時のお気に入りの1枚です。

******************************

断捨離をある程度進めて
より快適に過ごせそうな「シンプルライフ」を目指すきっかけとしてブログを始め、
物欲と物の見直しをあれこれしているうちに

「やっぱり物は少なくして良かった」
「持ち物はモノトーンに統一しよう」

という方向に行き着きつつも

「殺風景になっていく空間に時々不安になる」
「でも、まだ物欲がある=良くも悪くも”何かしら”を繋ぎとめてくれてるのかな?」
「物欲というより、”色の系統を統一したい願望”かな?」
「実用品がインテリアにもなるけれど……」
「殺風景&不安=そうだ、お花を飾ろう」

……なんていう状況に、今たどり着いています。


結婚・震災・祖母の遺品整理が断捨離のきっかけになり

断捨離→ようやくシンプルライフに近づいたかも?→ミニマリストは現時点では無理!

という心境に至っています。


しかしながらミニマリストに憧れを持っていまして……
モチベーションを上げるために、生活系やミニマリストの情報を
ネットで集めているうちに


「断捨離とかミニマリストとか突き詰めている人たちって
 次は精神論とか節約とかマネー関係とか……
 話題とかも同じ方向性にいってる人が多くて、何かおかしくない?」

「ファッションとかインテリアも、モノクロ、モノトーン、白黒、ボーダーとか……
 似たようなセンスばかりじゃない?」

……なんていう記事も、ちらほら見かけるようになりました。


断捨離範囲内、ミニマリスト範囲外の
自分にも少なからず当てはまる……orz


そこで今回は

「私が断捨離〜ミニマリストを目指しているうちに
 ファッションとかインテリア系がモノトーンになった理由」

を考察してみました。



以下、あくまで超個人的な理由を述べているだけで
他の断捨離〜ミニマリストの方たちに当てはまるわけではありません。
一つの「サンプル」として捉えてください。




理由は、たった2行で伝えられます。




・物を管理する能力が低い
・センスがないから行き着いた結果



これに尽きますorz

過去には物をたくさん所有していたころ、あれこれやってみてました。
でも雑誌のような素敵な空間にはならないし部屋は整わないし掃除もできていない&面倒だし。
今になって思うのは
物に対する管理能力というか、自分のキャパシティが小さかった(今でも小さい)のだと思います。

物の数>>>>>自分の容量

という状態です。


……で、断捨離している最中に上記の2行に気づいてしまいました。
というか、物もセンスも諦めて、「ない」ということを認めました。
そしたら断捨離が進むこと進むこと!


ようやく最近、

物の量 = 自分の容量

になってきたのだと思っています。


ブログで
「私は物が減っていい感じに暮らせてます」的なことも書いてますが
裏を返せば
「私はこれだけの数の物しか取り扱うことしかできない、管理能力の低い人間です」
ということも同時に発信しているわけでして……orz
掃除に関してもしかりです。
(だからこそ、自分に合わせて物の量を調節した方が生きやすいよ!ということを
 体現できていると思うのですが(汗)

そしてスッキリした空間に、お気に入りの物を1つだけ置いたら
以前よりも断然素敵な空間に近づいたことで「ない」を確信しました。




さらにインテリア・服装にも、このことが反映されてくるわけです。


多くの洋服(インテリア)を持ち合わせたり着合わせする能力も低い
…ということは多くの色を組み合わせる能力も低いな、自分(諦め&認識)
   ↓
物や洋服の数だけでなく、色も減らしたらいいんだ!
   ↓
じゃあ何色をメインにしたらやりやすい?
断捨離で物を捨てまくっているため、長く飽きないでいられる
かつ色んなシチュエーションで使える無難な色がいいよねー
   ↓
白・グレー・黒ってよくない?
(洋服はベージュ系よりも自分の肌色や顔色に合っていた)
(インテリアはスタイリッシュな物が多い)
実践してみよ!
   ↓
まとめやすいし意外とイケる!


色もモノトーンに統一というのも楽なんですよねorz
他の色に比べて、組み合わせや明度・彩度もそんなに深く考えなくていいように感じています。
黒系を選ぶ心理は、知的に見られたいとか信念を強く持ちたい願望が私にあるのかもしれません。
それに飽きがこないというか、どのシチュエーションでも無難にこなせる色というか。
「長く大事に使う」という命題が付いて回るので
どうしても色で冒険できないというのも理由にあります。
もともと嫌いじゃない&どちらかというと好きな系統だった、というのも
モノトーンに走りやすかった一因です。



以上が私の理由でした。orz




ミニマリストには憧れるのですが
収集家や素敵なたくさんのインテリアで部屋を彩っている人や
多彩な洋服を保管してファッションを楽しんでいる人など
ミニマリストとは一応逆とされるマキシマリストの人たちのことは
尊敬の念を抱いています。



念のためにもう一度書いておきますが
あくまで私個人の経緯・理由・自己分析であって
他の断捨離〜シンプルライフ〜ミニマリストの方々に当てはまるわけではありません。
一事例として受け止めてくださいorz


そんなわけで
センスのない自分を自分なりに受け入れているため
今は楽な気持ちになっています。
モノトーン、シンプル万歳!


そのうちに
「私が断捨離を突き詰めてミニマリストに向かおうとしていたら
 精神論や節約・マネー関係に興味が向きすぎてしまった理由」
も考えてみようと思います。



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。